フランスの面白い不動産制度の映画が上陸~映画『パリ3区の遺産相続人』|HOME'S BOXは、住まいの様々な情報を知っていただくため、最新のCMやキャンペーンなどの情報を発信しています【HOME'S/ホームズ】

vol. 3

2015

10/21

13:52

特集

フランスの面白い不動産制度の映画が上陸~映画『パリ3区の遺産相続人』

2015 10/21 13:52

vol. 3

フランスの面白い不動産制度の映画が上陸~映画『パリ3区の遺産相続人』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Twitter
  • Plus
  • Pocket
  • LINE
house-showcase-picture

パリ3区の遺産相続人のワンシーンより(『パリ3区の遺産相続人』 © 2014 Deux Chevaux Inc. and British Broadcasting Corporation. All RightsReserved)

少子高齢化に伴い、何かと話題にあがる遺産相続。相続する中でも一番難しく色々な問題が発生するのは「家」だと思いますが、今回その「家」の相続に関連した映画をご紹介いたします。

【10/22-11/8まで全国で使える映画チケット10組20名様にプレゼントキャンペーン実施中。】
詳細・応募URLはこちら

11月14日の全国公開の
『パリ3区の遺産相続人』

今回ご紹介するのはイギリスのBBC FILMSが制作した『パリ3区の遺産相続人』。フランスを舞台に面白い不動産制度「ヴィアジェ」(※この制度の詳細は【映画『パリ3区の遺産相続人』~フランスの不動産システム「ヴィアジェ」とは? 】を参照)をテーマした映画です。
家の相続をめぐって描かれるヒューマンドラマは、日本の相続問題にも相通じるものがあり、面白いというだけでなく色々と考えさせられます。

主役は88年『ワンダとダイヤと優しい奴ら』でアカデミー賞助演男優賞を受賞、最近ではコメディ『ラストベガス』(13)などに出演したケヴィン・クライン。

house-showcase-picture

自暴自棄になっている主人公のワンシーン(『パリ3区の遺産相続人』 © 2014 Deux Chevaux Inc. and British Broadcasting Corporation. All RightsReserved)

house-showcase-picture

セーヌ川を見ながらもの思いにふける主人公のワンシーン(『パリ3区の遺産相続人』 © 2014 Deux Chevaux Inc. and British Broadcasting Corporation. All RightsReserved)

また、『天使にラブ・ソングを…』シリーズの修道院長役で知られているマギー・スミスと、『イングリッシュ・ペイシェント』(96)でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされ最近では『危険なプロット』(12)などに出演したクリスティン・スコット・トーマスが出演しています。
次のページではより作品を楽しむための映画ガイドをお伝えします。

house-showcase-picture

90歳代の老女を演じたマギー・スミス(『パリ3区の遺産相続人』 © 2014 Deux Chevaux Inc. and British Broadcasting Corporation. All RightsReserved)

house-showcase-picture

フランスのヴィアジェの物件を舞台に人間ドラマが展開される(『パリ3区の遺産相続人』 © 2014 Deux Chevaux Inc. and British Broadcasting Corporation. All RightsReserved)

  • 【HOME'S公式アカウント】Twitterでお部屋探し!ホームズくんに希望条件をつぶやくと手動で検索して返事をするよ!

    詳しくはこちら
  • 【HOME'S公式アカウント】HOME'Sからのお知らせやキャンペーン情報などをお届けします。

    詳しくはこちら
  • banner-img
  • banner-img